’18/05/19: ヤマメの稚魚1万匹 今年もあしりべつ川に放流

行事名:ヤマメの稚魚1万匹 今年もあしりべつ川に放流
開催日:平成30年5月19日(土)
開催場所:北野ふれあい橋近くのあしりべつ川(厚別川)
開催内容:

 ヤマメの稚魚1万匹の放流を、今年も地域の子供たちの手で行いました。

テープカット

 これは、あしりべつ川を「故郷の川」として子供たちに親しんでもらおうと北野地区町内会連合会が昭和58年(1983年)から毎年行っているもので、今年で36回目。

挨拶する小角武嗣清田区長

 ヤマメはきれいな川に住むといわれ、この活動は「あしりべつ川をいつまでもヤマメが住む清流にしたい」という私たちの思いが詰まった行事でもあります。
 今年も北野地区青少年育成委員会と北海道山女魚を守る会の共催で行いました。
 ヤマメは、この日早朝、喜茂別町のヤマメ養殖場から運んできたものです。前日からの雨が止み、多くの子供たちが会場に集まって来ました。
 子どもたちは持参のバケツにヤマメの稚魚を入れてもらい、川岸から次々と稚魚を放流しました。

’18/02/18: 雪と遊ぼう218

行事名:雪と遊ぼう218
開催日:平成30年2月18日(日)
開催場所:吉田川公園(豊平区月寒東3条19丁目)
開催内容:

参加した子供たちと地域の人たち
元気に滑る男の子

 雪のスロープでチューブ滑りを楽しむ「雪と遊ぼう218」が、清田区と豊平区の境にある吉田川公園で今年も開催されました。

わぁ、どこに行くの?

 北野地区の元気な子供たち約50人が参加、思いっきり冬を楽しみました。

ヤッホー!

 この催しは、北野地区町内会連合会と北野地区青少年育成委員会が平成23年から毎年行っているもので、今年で8回目となりました。

滑った後は上までチューブ運び

 チューブ滑りは、吉田川公園の斜面を利用した長さ50メートルの本格的な特設コースで行いました。この日朝早くから、青少年育成委員の人たちが造った自慢のコースです。

 子どもたちは未就学の部、低学年の部、高学年の部の3つに分かれ、滑る速さを競いました。見事に滑り落ちる子もいれば、バランスを失って転倒する子供もいて、会場は笑いと歓声に包まれました。

 チューブ滑りのほかにも、雪中に埋めたお菓子を探す「雪中宝探し」ゲームも行われ、子どもたちは雪まみれになって。冬を楽しみました。

会場の吉田川公園

 お昼になると、近くの朝日ヶ丘町内会(清田区北野4条1丁目)に移り、表彰式を行ってチューブ滑りの健闘をお互いに称え、あったかいうどんを食べました。

’18/01/20: 北野地区新春子どもかるた大会

行事名:北野地区新春子どもかるた大会
開催日:平成30年1月20日(土)
開催場所:北野連合会館(清田区北野4条2丁目)
開催内容:

かるた大会の様子
開会式

 北野地区新春子どもかるた大会が北野連合会館で開催され、約40人の子どもたちが元気に参加、下の句かるたで熱戦を繰り広げました。
 この催しは、北野地区町内会連合会が北野地区青少年育成委員会と共に毎年1月に開催している年中行事です。

白熱した戦い

 百人一首かるたは、道外では上の句を読んで下の句の札を取りますが、北海道では伝統的に下の句を読んで下の句の札を取るのが一般的です。
 北海道独特のこの下の句かるたを子供たちに伝承するとともに、地域の子供たちの交流を図ることが、かるた大会の目的です。
 大会は1チーム3人で構成し、高学年と低学年のそれぞれ6チーム、計12チームが参加しました。トーナメント方式で競いました。

朗々と読み上げる読み手

 地域の年配の方たちが朗々と下の句を読み上げると、子どもたちはさっと手を伸ばし、木札を取っていました。児童会館で日ごろ練習している子供たちは、さすがに札を取るのが速いですね。審判の大人たちから「速いなあ」という声が上がりました。
 大会が終わると、スタッフの方がつくったあったかいうどんをみんなで食べて、熱戦を振り返りながら交流しました。

’17/12/02: 第29回北野地区青年音楽のひろば

行事名:第29回北野地区青年音楽のひろば
開催日:平成29年12月2日(土)
開催場所:北野小学校(清田区北野3条2丁目)
開催内容:

北野小学校の元気な太鼓で音楽会スタート
オープニングは清田ダンスキッズ、きよっち、池田屋ミュージックの歌と踊り

 北野地区の児童生徒たちが、地域の人たちの前で合唱や演奏を元気いっぱいに披露しました。
 この催しは、音楽を通して子供たちの健全育成と地域の交流を促進しようと、北野地区町内会連合会と北野地区青少年育成委員会が毎年この時期に開催しているもので、今年で29回目となる北野地区の名物恒例行事です。

北野台小学校 合唱
札幌北野少年少女合唱団
北野台中学校合唱部
北野平小学校 器楽演奏
北野平小学校 金管演奏

 オープニングは清田区20周年コーナー。池田屋ミュージックと清田ダンスキッズ、そして「きよっち」も加わって「きよっちいちばんの笑顔」などを歌い、踊りました。

北野中学校吹奏楽部

 そしていよいよ音楽会が始まりました。はじめは、北野小学校の伝統の太鼓演奏。続いて北野台小学校の合唱、札幌北野少年少女合唱団の合唱、北野台中学校の合唱、北野平小学校の器演奏と合唱が披露されました。
 前を向いて一生懸命歌う子供たちの姿、とても良かったです。
 会場は、出演する児童生徒と地域の人たちでいっぱい。1曲終わるごと温かい拍手が送られました。

清田高校吹奏楽局

 休憩を挟んで後半は、北野台平小学校の金管バンド演奏、北野中学校吹奏楽部と清田高校吹奏楽局の演奏が行われました。
 北野中学校は「悲しき天使」と「君の瞳に恋してる」の2曲を演奏。シニア人には懐かしい名曲で、中学生たちが見事に演奏しました。
 清田高校は、ジャズのビッグバン演奏を披露。指導者の斎藤啄さんがノリノリの指揮で会場を沸かせました。

全体合唱「ふるさと」で感動のフィナーレ

 最後に、高橋彰清田区長と会場の全員で「ふるさと」を合唱、感動の幕となりました。
 出演した子供たちは、この日の晴れ舞台のために一生懸命仲間と共に練習してきたことでしょう。その成果が存分に発揮され、地域の人たちも温かく見守った音楽会でした。

あいさつする伊藤町連会長
たくさんの子ども、地域の人が参加

07/22:第27回北野ふれあい夏まつり

行事名:第27回北野ふれあい夏まつり
開催日:平成29年7月22日(土)13:00~20:25
開催場所:あしりべつ川「北野ふれあい橋」左岸河川敷地
開催内容:

 今年で27回目となる夏の恒例行事の夏祭りが、さわやかな天候に恵まれ、多くの地域の人たちでにぎわいました。
地元の饗楽太鼓の皆さんによる勇壮な祭り太鼓で開幕し、札幌市消防音楽隊のさわやかな演奏をはじめ、清田キッズダンス、地元のアーチストらの演奏などが行われました。

 会場には出店がたくさん並び、焼きそば、焼き鳥、ビールなどが飛ぶように売れ、テーブルを囲んで地域の人たちが談笑して親睦を深めていました。

 

 夜は恒例の花火大会で、あしりべつ川の上空に大きな花火が次々打ち上げられ、会場から大きな歓声が起きました。
この夏まつりの運営にご参加いただいた、多くのボランティアの皆様、大変ありがとうございました。

 

 

「第27回北野ふれあい夏まつり(動画)」のブロブへ

05/20: あしりべつ川にヤマメの稚魚を放流

行事名:あしりべつ川にヤマメの稚魚を放流
開催日:平成29年5月20日(土)
開催場所:ふれあい橋
開催内容:
 厚別川(あしりべつ川)で、ヤマメの稚魚1万7000匹の放流が、地域の子供たちの手で行われました。 この事業は、あしりべつ川をヤマメが住む清流にしたいという願いで北野地区町内会連合会が実施したものです。
昭和58年から毎年実施しており、今年で35回目になる伝統行事です。今年も北野地区青少年育成委員会と北海道山女魚を守る会の共催で、北野ふれあい橋のたもと付近で実施しました。

稚魚放流
水槽からバケツに稚魚を入れる
稚魚放流①
稚魚放流②
挨拶する北野町連、伊藤会長
挨拶する清田区長
テープカット
大勢の人が集まった
きよっちも参加
コカ・コーラからの参加賞ジュースを配る
清田橋放流①
清田橋放流②

02/12: 雪と遊ぼう212

行事名:雪と遊ぼう2・12
開催日:平成29年2月12日(日)
開催場所:吉田川公園
開催内容:

 今年で7回目となる、雪の上でチューブ滑りを楽しむ「雪と遊ぼう2・12」が、特設コースで行われました。
北野地区町内会連合会と北野地区青少年育成委員会の主催で、今年も約50人の元気な子供たちが参加しました。