05/22: あしりべつ川(厚別川)ヤマメ稚魚放流/青少年育成委員会

行 事 名 あしりべつ川(厚別川)ヤマメ稚魚放流
開 催 日 2010年5月22日(土)午後2時~
開催場所 北野ふれあい橋下(親水公園)
主  催 北野地区町内会連合会
後  援 社団法人北海道山女魚を守る会・北野地区青少年育成委員会
担   当 北野地区町内会連合会青少年育成部・北野地区青少年育成委員会

≪行事内容≫
○北野地区では、清田区のシンボル&ふるさと遺産である あしりべつ川 をふるさとの川として子どもたちに慣れ親しんでいただくことを目的とし  て、稚魚放流事業に長年取り組んでいます。
1983年から、ふるさとの川にカムバック「サクラマス」を願いながら、北野ふれあい橋の下でヤマベの稚魚放流を行い、今年で27年目となりま   す。

○午前10時北野まちづくりセンター前集合、
事前に用意しておいた備品(水槽・バケツ・タモ・横断幕・酸素ボンベ・発電機・揚水ポンプなど)をトラックに積み込み、現地へと向かうともに、広報  車による案内を開始。

○2万5千匹のヤマメの稚魚が、財団法人北海道山女魚を守る会の皆さんの手で、喜茂別町の養殖池からトラックに揺られて北野に到着するのを、 揚水ポンプにより川から水を 水槽に水を入れて待ちます。  無事 到着 ( ^)o(^ )
袋からヤマメを水槽に移します。 トラックに揺られて少し弱っていたヤマメも元気で泳いでいます。

○今年は過去2・3年なかった晴天に恵まれたので、たくさんの子どもたちがバケツを持って水槽の周りを取り囲んでいます。

○財団山女魚の会豊平支部副支部長芳賀さんよりヤマメのことを詳細に話してもらいました。

○北野地区青少年育成員会林会長の司会により、北野地区町内会連合会濱田会長の主催者挨拶、清田区石倉区長の来賓挨拶の後、濱田会長・石倉区長・北野各小学校校長・清田区選出道会議員・市会議員・顧問・北野各小学校代表2名による花火の合図でのテープカットによりヤマメの稚魚の放流が開始されました。

20101115-IMG_0023 kakou

○子どもたちはバケツにヤマメの稚魚を水槽からタモですくってもらい、大事そうに持って厚別川に放流を行い、「元気に帰ってきて」、「大きくなるんだよ」と声をかけていました。

20101115-IMG_0057 kakou

《ヤマメ》
ヤマメは、北海道・東北地方では「ヤマベ」とも呼ばれています。
ヤマメ(山女魚・山女)は、サケ目サケ化に属する魚である。
サクラマスのうち、降海せずに、一生を河川で過ごす河川残留型(陸封型)
の固体のこと。北海道から九州までの川の上流などの冷水域に生息する。
河川残留型固体は死亡せずに多回産卵魚となり2回の産卵を行う。
(陸封型)
元来は海に住む動物が、地形的に海から切り離された河川や湖沼に住み着いた状態。産卵期に川に登る魚などに見られる。

《サクラマス》
ヤマメの降悔型で日本国内では北海道、本州、九州に分布する。
産卵期が近づくと体は黒ずみ桜色のまだら模様が現れる。
・・・・・河川を遡上
《北海道山女魚を守る会》
半世紀ほど前から開発の名の下に北海道の河川の環境も悪化の一途を辿り、それに伴いほとんどの河川で普通に見られていいた山女魚の棲息数も激減してしまいました。
それを受け、1973年に有志により設立されたのが、北海道山女魚を守る会です。それ以来毎年山女魚の養殖・放流を続けています。

20101115-tigyo01 kakou 20101115-tigyo02 kakou

20101115-tigyo03 kakou 20101115-tigyo04 kakou

20101115-tigyo05 kakou 20101115-tigyo06 kakou

20101115-tigyo07 kakou 20101115-tigyo08 kakou

20101115-tigyo09%20kakou

○長年に亘りヤマメの稚魚放流にご尽力をいただいておりました、北海道山女魚を守る会豊平支部支部長であり親和町内会会長 井上昌喜(まさよし) さん が本年3月1日にご逝去なされました。
長年のご労苦に対しまして感謝申しあげますとともに、ご冥福をお祈り申し上げます。

05/18: 合同会議/青少年育成委員会

行 事 名 合同会議(連町青少年育成部員・単町青少年育成部長・子ども会代表)
開 催 日 2010年5月18日(火)午後7時~午後9時
開催場所 北野まちづくりセンター2階集会室
主  催 北野地区青少年育成委員会
担   当 北野地区青少年育成委員会

≪行事内容≫
○北野地区青少年育成委員会のメンバー(21名)は、北野地区町内会連合会会長より北野地区町内会連合会青少年育成部長を任命されていますことを認知していただくとともに、単位町内会で青少年健全育成に取り組んでいます、青少年育成部長・子ども会世話人の皆さんと、お互いの行事に対する理解(協力)と友好を深めたく合同会議を開催しています。

○それぞれの自己紹介の後、北野地区青少年育成委員会(北野地区町内会連合会青少年育成部)の行事内容をパワーポイントで作成したし資料を映写して説明しました。

○北野地区青少年育成委員会の行事内容を理解していだいた後、それぞれの単町の行事内容を青少年育成部長・子ども会リーダーの方々に説明していただき、お互いの行事の理解と友好を深めることができました。

≪単町の主な行事≫

夏休みラジオ体操・七夕祭り・もちつき大会・ハローウイーン・お泊り会
パークゴルフ・廃品回収・夏祭り手伝い・秋祭り手伝い・カーリング・鯉のぼり
スノーキャンドルなど

○北野地区連合町内会のメイン行事でありますふれあい夏祭りで、連合町内会青少年育成部が担当しています、焼き鳥・焼きイカ・フランクフルトコーナーのお手伝いをお願いいたしまして終了となりました。

20101115-goudou02 kakou

05/16:厚別川稚魚放流のための事前河川清掃/青少年育成委員会

行事名:厚別川稚魚放流のための事前河川清掃
開催日:2010年5月16日(日)午前10時~午前11時
開催場所:北野ふれあい橋下(親水公園)
主 催:北野地区町内会連合会
担 当:北野地区町内会連合会青少年育成部・北野地区青少年育成委員会

≪行事内容≫

○毎年、厚別川稚魚放流が開催される1週間前に、青少年育成部員・北海道山女魚を守る会会員・レンボーグループの皆さん・日立の会社の皆さんが集まって河川清掃を行っています。

○今年もそれぞれの服装(川の中に入るので胴長靴の人も)で、午前10時に北野ふれあい橋下の親水公園にたくさん集まってくれました。

○林北野地区連合町内会青少年育成部長、北海道山女魚を守る会副会長(豊平支部支部長)工藤さんの挨拶を皮切りに清掃作業を開始しました。
今年は天候に恵まれて、作業はスムーズに運ぶことができました。

○毎年のことですが、河川を使用する一部のマナーの悪い人が投げていったと思われる、タイヤ・ガスコンロ・空き缶・ペットボトルが散乱しておりました。
(財布が一つ落ちていたので北野交番に届けました。)

○約1時間の清掃が終わると車1台ほどのゴミが集まりました。

○最後は、記念写真と青少年育成部が用意した飲み物をいただいて終了いたしました。
(ゴミ袋・軍手・火鋏は北海道山女魚を守る会の皆さんが用意していただきました。)

20101115-tigyojizenn02 kakou

20101115-tigyojizenn01 kakou
たくさんの皆さんに手伝ってもらいました。ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。